2006年07月15日

カンフーハッスル


この作品は基本的に『少林サッカー』と同じノリを期待している方は、かなりの肩透かしを食らうと思います。

と言うのも、主人公シン(チャウ・シン・チー)は最初から強い訳ではなく、悪に成り切れないタダの弱いチンピラなのです。
その部分がややストレスに感じ、前回と同じ爽快感を期待する方には暫く辛いかと思います(最後はいつも通りなのですが…)

と、いうか寧ろ彼より、主な舞台となる豚小屋砦の家主夫婦が矢鱈と濃い(住人も十分すぎる程濃いのだが…)上にデタラメに強いですw
シンもその強さの片鱗を時折見せるのですが、本人はまだ気づいていません。
その分、他の登場人物のアクションが続きますが、これはそれなりに楽します。
『えー!!この人強かったんだー!!』って展開の連続でww

シンが少年時代に、謎のホームレスから『百年に一度の逸材』と見込まれて、なけなしの金をはたいて入手した奥義書『如来神掌』。
やがて目覚めて、万物を雲散霧消させるほどの力を掌から生み出せる様になり、殺し屋火雲邪神を相手に死闘を繰り広げるのです。

エンターテイメントあり、笑い処あり、で、それなりに楽しめる作品ではありますが、シンの活躍は最後の最後。
その点が悔やまれます。
あと、少林サッカーの時の様に中途半端にラブコメが入りますが。ハッキリいって要らない要素です。
何処かで見た様な方々が一杯出演されていて面白いですし、『最近、笑える映画見てないなーっ!』って方にはオススメですよ(^-^)

オススメ度:☆☆(5が最高)
posted by 九郎 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・韓国映画

2006年07月14日

少林サッカ−


今、妙な方向に話題の「少林サッカ−」観に行ってきました。
公開したばかりだから人が流石に多いですが、前評判から期待していたので人の多さ位なんのその!!


『黄金の右脚』と呼ばれる人気サッカ−選手ファン(名前)はチ−ムメイト・ハンに持ちかけられた八百長に荷担、暴動をおこしたフ−リガン達に自慢の脚を折られてしまう。

・・二十年後立場は逆転。
ハンはサッカ−界の首領として君臨、ファンは雑用係に身を落としてしまった。
ハンとふとした事から口論になってしまい、ファンはあの八百長試合は自分を落とし入れる為の策略だった事を知る。

ハンへの怒りを胸にフラフラと町に出たファンは屑拾いをしながら熱心に少林拳を説いて回る青年、シンに出会う。
不自由な身体の事を指摘されたファンはかっとなり、手にしていた缶をシンに投げつけるがそれをいとも簡単に空の彼方に蹴り飛ばしてしまう。

後日ファンはヒョンな事から以前シンが蹴り飛ばした缶がレンガ塀にめりこんでいるのを発見し、シンの恐るべき脚力に気がつく。
プレイは出来ないが、サッカ−への思いは誰にも負けない・・・。サッカ−への情熱を取り戻したファンはチ−ムを作る事をシンに持ちかけた。



兎に角、あんなに映画館で笑える映画は初めてです。ビ−○とは雲泥の差です。
笑える香港映画は昔から数多くありますが、CGを駆使するとあんなに
バカになるとは。
良い意味で計算された場面が笑いを誘い、個性的な登場人物が更に輪をかけます。チョイ役の人間の顔が主人公食う位笑えます。

以下、ネタバレ。

軽功と鎧の肌のキスシ−ン笑え過ぎ。男同士のキスシ−ンをさり気ない色気で演出するとあそこまで笑えるとは・・
微妙に引いてしまうシ−ンもあったりしますが、それ以上にリアクションの一つ一つにCG使って(ベタで尚且つ)計算された笑いを誘います。
最後美味しい場面でヒロインが頭丸めてチ−ムに参加してくれるのはいいが、シンが彼女に放った第一声が『火星に帰れ、地球は危険だ。』はないだろ(≧▽≦)/


『少林サッカ−』は久しく笑ってない方、心の抑揚が欲しい方に激しくオススメです。常識人や至って真面目な方にはオススメ出来ません(笑)
何も考えずに笑いたい方は是非どうぞ☆

オススメ度:☆☆☆(5が最高)
posted by 九郎 at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・韓国映画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。