2006年08月11日

ゲド戦記

ゲド戦記 特別収録版ゲド戦記ゲド戦記 全6冊セット
世界の均衡が崩れつつある。
人々は忙しなく動き回っているが目的はなく、
その目に映っているものは、
夢は、死か、どこか別の世界だった。

人間の頭が変になっている。
災いの源を探る為に旅に出た大賢人ゲドは、
心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレンに出会う。
少年は影に追われていた。

影に追われる少年の前に、
顔に火傷の痕が残る少女テルーが現れる。


まず第一印象ですが、登場人物の表情が微妙に気に入らない。
表情が硬い気がしたので、もう少し生きた表情が良い気がしました。
(強張ったアレンの顔が怖すぎです)
美術的な物はスタジオジブリの面目躍如と言ったところで、素晴らしいの一言に尽き、雑踏や自然物等の背景(今回は特に町の全景)は感動を覚えました。
矢張り宮崎作品の印象を受けているのか、過去の作品を踏襲した様な部分も多く見られましたね。

ボイス面ですが、アレン役の岡田准一ですが、声優としての力量は矢張り不足しており、ボソボソと語る部分が聞き取りにくい。
テルーの手嶌葵(てしまあおい)もそうですが、素人起用するなら、ボイストレーニングの基礎をしてからアテレコして欲しいですね。
声に関してはゲド役の菅原文太が文句なしに良かった。
クモの田中裕子とテナーの風吹ジュンも上手かったですね。

話はゲド戦記の三巻にオリジナル要素を加えて進んでいくのですが、やはり途中から話が始まるからか、説明がちな台詞や消化不良な部分も少なくなく、頑張っていますが、スッキリ感が少ないですね。
終わってからも頭に疑問符が浮かぶ部分がやや残り、それがスッキリ感のなさの要因の一つでもあります。
竜の役割とか殆ど意味が繋がらないし。

ただ、話のテーマは悪くなく、現代社会とのオーバーラップにも取れる『命』をテーマにした話については良かったです。
宮崎作品に毎回込められる現代社会へのアンチテーゼは今回も生きています。

一つの作品としての完成度はまだまだ疑問を抱かざるを得ませんが、宮崎吾郎氏の第一回としてはギリギリ及第点といった処です。
父親の功績が大きいだけに、同じ事を求めれば『二番煎じ』だと言われるであろうし、変えれば変えたで反論はあるだろう。

やや満足感は薄いものの、私は敢えて及第点をあげたい。
次回作品は更に良い作品である事を願って止まない。

オススメ度:☆☆(5が最高)
スタッフロール後のお楽しみ: なし

amazon『ゲド戦記』(音楽)

■関連URL■
スタジオジブリ

posted by 九郎 at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(32) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22228647

この記事へのトラックバック

ゲド戦記
Excerpt: 家族連れで見に来ることが予想される作品で、父殺しの逸話をいれたことは勇気ある決断だったと思う(ただし、この逸話を宮崎父子の対立といったワイドショー的なネタとからめてプロデューサーが話題にするのはどうか..
Weblog: Kinetic Vision
Tracked: 2006-08-11 20:57

『ゲド戦記』
Excerpt: 娯楽度[:テレビジョン:]         2006/07/29公開  (公式サイト)  満足度[:星:][:星:]  【監督】 宮崎吾朗 【プロデューサー】 鈴木敏夫 【脚本】 ..
Weblog: アンディの日記 シネマ版
Tracked: 2006-08-11 21:23

ゲド戦記
Excerpt: 『TALES FROM EARTHSEA 』公開:2006/07/29監督:宮崎吾朗原作:アーシュラ・K・ル=グウィン『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊)  原案:宮崎駿声の出演:岡田准一、手..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-08-11 21:30

私的考察 映画「ゲド戦記」
Excerpt: スタジオジブリ発、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗氏の第1回監督作品「ゲド戦記 」観賞。
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2006-08-11 21:35

見えないもの…人生の真実を探る旅/『ゲド戦記』ジブリ・宮崎吾郎監督
Excerpt: ●ゲド戦記● ●原作;アーシュラ・K、ル=グウィン ●監督:宮崎吾朗 ●声の出演:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫/夏川結衣 ●公開:2006年7/28 ●上映時間:115分 ..
Weblog: 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
Tracked: 2006-08-11 22:52

ゲド戦記<試写会>
Excerpt: 試写会で観てきました。スゴイ人出でした。 <日比谷公会堂> 原作:アーシュラ・K・ル=グウィン 『ゲド戦記』シリーズ 脚本:宮崎吾朗 丹羽圭子 音楽:寺嶋民哉 プロデューサー:鈴木敏夫 監督:宮崎..
Weblog: お萌えば遠くに来たもんだ!
Tracked: 2006-08-11 22:55

ゲド戦記
Excerpt: ジブリ最新作は父駿から息子吾朗に世代交代の第一作「ゲド戦記」 原作は「指輪物語」「ナルニア国物語」と並んで超有名なんですってね。私はどれも原作を読んでいませんが。 今回は期待半分と、がっかり覚悟半分で..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2006-08-11 23:02

シネマ日記 ゲド戦記
Excerpt: 子供には難しく、大人には、物足りない。 私は、ダビンチ・コードの轍を踏んでしまいました。元ネタを知っているという前提で、作られています。原作の内容を知らないと、この物
Weblog: skywave blog
Tracked: 2006-08-11 23:03

ゲド戦記(罪を背負って旅に出た先にみた答えとは・・・)
Excerpt: 「ゲド戦記」は宮崎駿監督の息子である宮崎悟朗監督に初監督作品として注目され、スタジオジブリが今年最大の話題作として送った作品である。物語は一見奥深そうだが人の心を上手く描いた作品として興味深い作品でも..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2006-08-11 23:38

『ゲド戦記』鑑賞!
Excerpt: 『ゲド戦記』鑑賞レビュー♪ヽ(´・ω・`)ノ 命を大切に しないやつなんて 大っ嫌いDA!!!! by テルー 世界の均衡を崩す者の正体を つきとめる旅に出た大賢人..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-08-11 23:40

ゲド戦記・・・・・評価額1050円
Excerpt: 「指輪物語」「ナルニア国物語」に並ぶ三大古典ファンタジーの一つ、アシューラ・K・ル=グィン原作の「ゲド戦記」シリーズ初の映画化・・・・ではない。 一応、原作の三巻「さいはての島へ」をベースとしてはい..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-08-11 23:45

「ゲド戦記」
Excerpt: 幼少時は人並み以上にアニメ番組を見ていた事を考えると、自分はかなり異質な人間なのかもしれない。と言うのも、スタジオジブリが手掛けた作品で実際に見た事が在るのは、「となりのトトロ」と「火垂るの墓」、そし..
Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー
Tracked: 2006-08-11 23:56

ゲド戦記
Excerpt: ジブリの最新作は、宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』。原作は、『指輪物語』『ナルニア国物語』とならび称される、世界的ファンタジーの傑作『ゲド戦記』(清水真砂子訳・岩波書店刊)。 監督は、宮崎吾..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2006-08-12 01:08

ゲド戦記
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  素材はいいがシェフが悪い  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-08-12 11:05

『ゲド戦記』2006・7・30に観ました
Excerpt: ?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるように..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-08-12 12:01

ゲド戦記
Excerpt: ゲド戦記2006年/日本 ◆監督・脚本:宮崎吾朗◆出演:岡田准一/菅原文太/手嶌葵/田中裕子 ◆STORY◆多島海世界アースシーでは、さまざまな異変が起こり始めていた。それに危機感を抱いた大賢人ハ..
Weblog: C'est Joli
Tracked: 2006-08-12 17:47

ゲド戦記
Excerpt: う〜ん・・どうなんだろう。。 あまりにも壮大な物語、壮大なテーマすぎて2時間という枠で納得させることが無理なのかもしれない。 「世界の均衡は崩れようとしている」「人間のあたまがおかしくなってい..
Weblog: future world
Tracked: 2006-08-12 23:11

ゲド戦記
Excerpt: ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。 とは言っても原作は未読。( ^ _ ^; しかしいきなり評判悪いですね、この作品。汗 でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。 ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-08-13 03:41

ゲド戦記
Excerpt: 「ち、ちょっと・・・気分が・・・ゲド」ε=( ̄ω ̄υ) 「ハイタカ(吐いたか)?」Σ(゚Д゚;))) 私も普段は“なぎさ”という“通り名”を使っていますが、“真(まこと)の名”は ..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2006-08-13 14:02

真・映画日記『ゲド戦記』
Excerpt: 8月12日(土) 10時に起きる。 10時半に近所の床屋に予約を入れていたので 急いで身支度をする。 予約の時間通りに床屋へ。 髪を指に挟んで少し出るくらいまで 短くしてもらう。 ..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-08-13 21:10

ゲド戦記(罪を背負って旅に出た先にみた答えとは・・・)
Excerpt: 「ゲド戦記」は宮崎駿監督の息子である宮崎悟朗監督に初監督作品として注目され、スタジオジブリが今年最大の話題作として送った作品である。物語は一見奥深そうだが人の心を上手く描いた作品として興味深い作品でも..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2006-08-13 21:26

ゲド戦記(TALES from EARTHSEA)
Excerpt: ●スタジオジブリの「悲劇」を露呈しつつも、ブランド力を知らしめた作品●名前・言葉・言霊の題材が興味深い。主人公の成長を意識的に描こうとする姿勢がいい。『「ゲド戦記」で露呈か!ジブリの悲劇!?宮崎駿作品..
Weblog: わかりやすさとストーリー
Tracked: 2006-08-14 12:48

ゲド戦記/感想
Excerpt: 2006年07月29日公開のアニメ映画「ゲド戦記」を見ました。 * ネタバレあり * 見終わって最初に思ったことは、パパ・宮崎駿さんが作ったらどんなだったかな〜?と……ナンセンスですが..
Weblog: 映画★特典付き前売り券情報局
Tracked: 2006-08-14 20:03

「ゲド戦記」この映画を見てタイトルを理解するのは難しい
Excerpt: 「ゲド戦記」★★★ 岡田准一、手嶌葵 声の出演 宮崎吾朗監督、スタジオジブリ作品、2006年 大宣伝をかけたジブリの新作。 珍しく公開初日に見た、 劇場はこのあたりでは一番大きなハコ。 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-08-15 11:03

映画鑑賞記「ゲド戦記」
Excerpt: 鑑賞日:06.08.11 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16 スタジオジブリ制作。監督には宮崎駿の息子、宮崎吾朗。 「ゲド戦記」原作者アーシュラ・K・ル=グウィンから映画化のオファーを直接受け..
Weblog: けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ
Tracked: 2006-08-15 13:25

ゲド戦記 06年165本目
Excerpt: ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-08-20 03:45

「ゲド戦記」 熟成度が足りないワインのような・・・
Excerpt: 「ゲド戦記」観てきました。巷では評判あまりよろしくなかったので、やや期待度低かっ
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2006-09-12 06:15

ゲド戦記
Excerpt: 「ゲド戦記」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 トラックバックURL : http://ghibli-movie.jugem.jp/trackback/15 ..
Weblog: ジブリトラックバック
Tracked: 2006-09-17 13:42

ゲド戦記
Excerpt: 【ゲド戦記】 ★★★  2006/08/05 ストーリー 多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現わ
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2006-09-22 21:05

ゲド戦記
Excerpt: 宮崎吾朗は本当にアニメを撮りたかったのかな。 ジブリの商売に利用されただけだったら可哀想だな。 宮崎吾朗はジブリじゃなく違う制作会社で作ればよかったのに。 妄想感想いきます!
Weblog: オイラの妄想感想日記
Tracked: 2006-11-17 09:23

ゲド戦記
Excerpt: 見えぬものこそ。
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-06-18 22:19

ゲド戦記(25点)評価:×
Excerpt: 総論:経験不足で"やりたいこと"が表現できていない人界に現れてはいけない龍の出現は、世界の均衡が崩れる兆し。人の心は闇に染まり、人狩りが横行していた。心の闇に飲まれ、国王で
Weblog: 映画批評OX
Tracked: 2010-10-16 14:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。