2006年07月15日

スターウォーズ エピソード3 シスの復讐


なんというか、アナキンの変貌振りが凄くて何とも言えません(^-^;)
今回の話の中心は『ダース・ベイダーの誕生』です。
話もトータルすると、そこに尽きるのですが、絶望しか見えずダークサイドへと身を投じるアナキンの姿はとても悲しく切ないものでした。
ヘイデン・クリステンセン演じるアナキンの表情が次第に狂気と悲しみを孕んだ表情へと変える。
その演技力は良かったと思います。
それを支えるパドメ役のナタリー・ポートマンも勿論良かったのですが。
そして、オビ=ワンのユアン・マクレガー。
彼の『ムーランルージュ』からは想像出来ない落ち着きと素晴らしい役作りは物語全体を支えた支柱の一つであると言えるでしょう。
最後の、悲しき弟子との一騎打ちは見ていて悲しみが伝わるまでに昇華されていたと思います。

この作品は兎に角『見て下さい!』という感じです。

関係ないですが、SW特別編(エピソード6)というのを以前TVで見たのですが、正直CGシーンの挿入だけかと思いきや、話の最後にフォースとなりルークを見守るオビ=ワンやヨーダに混じってアナキンも登場します!!
この特別編こそ真のEDと言えましょう(整合性を齎す為に手を加え過ぎなのかも知れませんが、個人的見解では良い!と思いました)

オススメ度:☆☆(5が最高)
posted by 九郎 at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。