2006年07月15日

マトリックス レボリューションズ


前回の予告からずっと気になっていたマトリックスの完結をとうとう見てきました。
CGや画面構成は素晴らしく、この作品の凄さを改めて実感。

今回は早速ネタバレ。
ネタバレしても良い方はドラッグしてご覧下さい。

まず、これだけは言いたいのですが『何も解決していないじゃないか!!』
自分の役を知り、トリニティを失い、満身創痍のネオが取り戻したのは束の間の平和。
結局、その役を逸脱する事も無く、ネオの生死や確固たる結末を提示せぬまま話は終わる。
考えオチではない、落ち着かない終わり方だ。
リローデッドでのわくわく感は一転し、暗い話の連続。
エージェント・スミスとの戦いの間にもザイオンでは死闘が繰りひろげられ、正に地獄。
その終結があれでは、私は納得がいかない。
ここまで行くなら最初のマトリックスの終わり方の方がまだ良かったと言えるのではないか?


マトリックスはキャストに非常に恵まれた作品と言えよう。
キアヌ・リーブスの存在感は役作りは大きく、その後の彼の他作品へ干渉するまでに肥大した。
ローレンス・フィッシュバーンや、キャリ=アン・モス、そしてヒューゴ・ウィービングの存在感も強く、話の展開の上で見逃せない重要な要因を担う演技力でした。
実世界への干渉力すら手に入れたスミスというキャラは特筆すべき存在感ですね。
なんかLotRに出ているヒューゴもどうしてもエージェント・スミスにしか見えなくてw
そういえばヒューゴが、増殖したスミス役のマスクの生え際を見てショックを受けたという逸話が残っていますww

この歴史に残る三部作の結末、貴方はどういう見解に至りましたか?
良かったらこっそり教えて下さいね☆

オススメ度:☆☆(5が最高)
posted by 九郎 at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。