2006年07月14日

パイレ−ツ オブ カリビアン


前売り券を入手していたので行ってきました。
てか、わざわざ公開日がずらして混雑を避けた割には観客が目一杯
観る席は「後方・中央」をモット−(?)としている自分には前から3列目目・右端は辛い感じでした(−_−;)
視界に画面全てが収まる距離で、画面から出る情報を逃さず見たい性質なんですよ(^−^;)
今回から思うとこあって、映画批評には毎回必ずつけていた粗筋を割愛します。
もし、『割愛しないで紹介しなさい』なんて奇特な方がいればBBSにでもお願いします。(ありえないとは思いますが)要望が多いならまた書きます故。


先ず特筆すべきはジャック・スパロウというキャラが実に良く出来ています。
腕はいいが、残忍な事はしない伝説の海賊ジャック・スパロウ。
こう書くと二枚目なイメ−ジしか出ないものですが、その実コミカルで抜け目のない、そして格好良いという三枚目のキャラです(笑)
登場シ−ンでいきなり沈みかけの舟で登場するわ港の役人に贈賄するわで、ヘンなキャラなんですが、映画見終わる頃には確実に格好良く見えてる筈です(笑)
映画のスト−リ−自体はシンプルなものなんですが、目的が明確で贅肉を省いたスト−リ-なので、もし続編が作成されるのなら冒険心を擽られる様な展開を期待したいですね。


以下ネタバレ↓

不死の海賊達と戦う為に、呪われた金貨をちゃっかり一枚拝借し、自分も不死化して戦いを挑む辺りはジャックというキャラの面目躍如といったでしょうか(^−^)
冒頭でウィル(オ−ランドブル−ム)と戦うシ−ンで目潰しするシ−ンはキャラ的に微妙だと思ったんですが、キャラ演出の布石だと思えばニヤリときますね。
別にネタバレでもないですが、要所要所に笑いがあって、バルボッサ一味の目玉男なんかもいい味出してますね。
逆に言えば、目だった位置付けにいる割にキャラが立ってないキャラも結構いたのですが、7人程の主要キャラを把握していれば問題なく見れるので別にいいか(笑)

ジャック(ジョニ−・デップ)の使った剣は1750年代の実際の剣だそうです。(殆どの剣はロンドン辺りで購入されたマジモノらしいです)そういう細かい処に配られてる配慮は映画の深みを演出するので、素晴らしい事だと思います(^−^)

しかし、「海賊ものはウケない」という映画界の定石を覆したこの映画。
何気に某有名海賊漫画が下地にあるからこそスンナリと入っていけた感は否めないのではないでしょうか? (邪推?)

オススメ度:☆☆☆☆(5が最高)
posted by 九郎 at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。