2006年07月14日

マトリックス リロ−デッド


久し振りに見たい映画が出たので行ってきました。
個人的には一作目から(映画館で)見ておくんだった、と後悔の作品です。
先日、公開前に1作目がTVでやっていたので気分に後押しされた感がありますが、それはナイショの話という事で(笑)
公開から少し経過していたので指定席にも関わらずガラガラ(席が半分も埋まっていない)だったので寛げて良かったですが(^−^;)


この戦争を明日にでも終える事が出来るとしたら?
戦う価値があると思わないか?命を掛ける価値があると思わないか?
ト−マス‘ネオ”アンダ−ソンは全てを投げ打つ覚悟で、
この戦いに自ら答えを出す事を決意した。
元々はモ−フィアスとトリニティ-から投げかけられた問いかけ。
真実を探し、受けとめる為に。
マトリックスの呪縛から心を解き放つ為に。



今回はネオは「自分は本当に救世主なのか?」という答えを模索する旅でもあります。
自分と救世主と信じ、予言者の言葉を信じるモ−フィアスの絶対的な信用。
それに答える事が出来るのか?
予知めいた悪夢が現実に突き付けられ、同時に辿りついた過酷な現実。
見所が満載です(^ー^)

プログラムから離れ、独自に復讐を始めるエ−ジェントスミスや、権力者のボディ−ガ−ド‘ツインズ”が否が応にも物語を盛り上げてくれます。
今回を容赦なく繰り広げられるアクションシ−ンは必見の一言!
超人的な力を発揮するネオは無敵に近いし、モ−フィアスの日本刀を振るうシ−ンは個人的に好み爆発です(≧▽≦)
ただ、濃厚なラブシ−ンと少し宗教味を帯びた演説と熱狂的なダンスシ−ンが長く続くとだれるのでどうにかならないものかと(^−^;)

以下、ネタバレ。映画を見ない人、見た人はどうそ。

オラクルを守るセラフという男とのクンフ−シ−ンはかなり好きな部類でしたね。
て、いうか、この方サモ・ハン・キンポ−に見出され、育てられた方だとか。
キレがあると思いました(笑)
態々中国的なセットを用意しているのが心ニクいですね。
中国映画の乱闘シ−ンでテ−ブルから箸が散乱・なんて定石ですから(笑)
ネオとの手合わせは絶品です。
キアヌ・リ−ブスはアクションシ−ンの為に毎日7時間、九週間に渡ってトレ−ニングを受けたらしいですよ。
痛む体を休ませる為に度々氷風呂に入っていたそうです。
その甲斐あって、今回のアクションシ−ンはどれも素敵です!!

モ−フィアスがハイウェイでのツインズの追跡を阻むべく、車を日本刀で横凪ぎし転倒した車を銃で止めを刺したシ−ンは、何気ないながらも名シ−ンであると思います。
モ−フィアス、リ−ダ−格の面目躍如ですね(笑)
ちなみにこのハイウェイ、海軍基地滑走路に3kmに渡って実際に作られたそうですね。
高さ5mの壁と立体交差まで作ったらしいです。


自分をコピ−する能力を得、現実世界で虎視眈々とネオの命を狙うエ−ジェントスミスや、とうとう現実世界においても超人的な力の一端を見せたネオの戦いの行方が気になりすぎて夜も寝れません(^−^;)


映画のスタッフロ−ルの最後に予告編が流れるのですが、雨の中、決着の時を迎えるネオとスミス等、色々と気になるシ−ンが流れすぎて次回が待ち遠しいです。
ハリポタロ−ドオブザリングなど、最近の映画は引きすぎですよ(^−^;)
好きですけど。

オススメ度:☆☆☆☆☆(5が最高)
posted by 九郎 at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。