2006年08月11日

ゲド戦記

ゲド戦記 特別収録版ゲド戦記ゲド戦記 全6冊セット
世界の均衡が崩れつつある。
人々は忙しなく動き回っているが目的はなく、
その目に映っているものは、
夢は、死か、どこか別の世界だった。

人間の頭が変になっている。
災いの源を探る為に旅に出た大賢人ゲドは、
心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレンに出会う。
少年は影に追われていた。

影に追われる少年の前に、
顔に火傷の痕が残る少女テルーが現れる。


まず第一印象ですが、登場人物の表情が微妙に気に入らない。
表情が硬い気がしたので、もう少し生きた表情が良い気がしました。
(強張ったアレンの顔が怖すぎです)
美術的な物はスタジオジブリの面目躍如と言ったところで、素晴らしいの一言に尽き、雑踏や自然物等の背景(今回は特に町の全景)は感動を覚えました。
矢張り宮崎作品の印象を受けているのか、過去の作品を踏襲した様な部分も多く見られましたね。

ボイス面ですが、アレン役の岡田准一ですが、声優としての力量は矢張り不足しており、ボソボソと語る部分が聞き取りにくい。
テルーの手嶌葵(てしまあおい)もそうですが、素人起用するなら、ボイストレーニングの基礎をしてからアテレコして欲しいですね。
声に関してはゲド役の菅原文太が文句なしに良かった。
クモの田中裕子とテナーの風吹ジュンも上手かったですね。

話はゲド戦記の三巻にオリジナル要素を加えて進んでいくのですが、やはり途中から話が始まるからか、説明がちな台詞や消化不良な部分も少なくなく、頑張っていますが、スッキリ感が少ないですね。
終わってからも頭に疑問符が浮かぶ部分がやや残り、それがスッキリ感のなさの要因の一つでもあります。
竜の役割とか殆ど意味が繋がらないし。

ただ、話のテーマは悪くなく、現代社会とのオーバーラップにも取れる『命』をテーマにした話については良かったです。
宮崎作品に毎回込められる現代社会へのアンチテーゼは今回も生きています。

一つの作品としての完成度はまだまだ疑問を抱かざるを得ませんが、宮崎吾郎氏の第一回としてはギリギリ及第点といった処です。
父親の功績が大きいだけに、同じ事を求めれば『二番煎じ』だと言われるであろうし、変えれば変えたで反論はあるだろう。

やや満足感は薄いものの、私は敢えて及第点をあげたい。
次回作品は更に良い作品である事を願って止まない。

オススメ度:☆☆(5が最高)
スタッフロール後のお楽しみ: なし

amazon『ゲド戦記』(音楽)

■関連URL■
スタジオジブリ

posted by 九郎 at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(32) | アニメ

2006年08月02日

デッドマンズチェスト グッズ 


映画グッズに割りと目のない私が、気に入ったアイテムを紹介する為に、態々カテゴリーまで増やして見ましたw
いや、パンフは映画館で即買い確定なのですが、通販でないと手に入らないアイテムも多々あるので、そういうのもフォローして補完していく計画です。
映画グッズファンなら必見ですよ!!

個人的には、コンパスとデイヴィの鍵が素敵アイテムだと思います!
しかし、コンパスはマスターレプリカだけあって高いなぁ…orz
良ければ色々ご覧になって見て下さいね!!

amazon『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ チェスト』(ホビー)
posted by 九郎 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ

2006年08月01日

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ チェスト


前作で不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返した孤高の海賊ジャック・スパロウ。
自由な大海原に船出した筈の彼の前に逃れられない宿命が立ちはだかる…

今から13年前―――ジャックはブラックパール号の船長となる為に、自らの魂を引き換えに船乗り達が最も恐れる『深海の悪霊』デイヴィ・ジョーンズと血の契約を交わした。
そして、その契約期間は終わり、ジャックの魂を取り立てる為、巨大な闇の力が改定を動き始めていたのだ。
『悪魔の裏をもかく事をが出来る男』と言われるジャック・スパロウだが、今度こそ彼の命運は尽きようとしていた。
逃れる手段は唯一つ、デイヴィ・ジョーンズが隠したという伝説の『死者の宝箱(デッドマンズ・チェスト)』を見つける事…
その頃、海賊の血を引く青年ウィルとその恋人で総督の令嬢エリザベスにも危機が訪れていた。
待ちに待った結婚式当日、二人はかってジャックの逃亡を助けたという罪で逮捕されたのだ。
釈放の条件はジャックが持つ『北を指さないコンパス(羅針盤)』を手に入れる事だった。
抗う事の出来ない力に操られて、ジャック、ウィル、エリザベスの運命が再び交差する。
その時、カリブの海に封印された恐るべき秘密が蘇ろうとしていた。


話的には、前評判どおり『3作目への布石』という感じ。
そして、前作ファンの期待を裏切らない出来ではないかと思います。
笑い処あり、アクションありで、流石に前作のスタッフが再結成しただけの事はありますね。

デイヴィの使者(ジャックの父ビル・ターナー)の警告を受け、クラーケンに襲われる前に陸地へ逃げ込んだジャック達一味が島の原住民達に拉致されて食われそうになる処が先ず笑い処で、『肉をスパイシーにする香辛料を売っている島にいる』という情報を聞き、漸く島へ乗り込んだものの、原住民に捕まったウィルを、ジャックは島の酋長気取りで出迎える。
酋長=神で、そういう待遇の間は暫く安全だが、島では『肉体に束縛されている神を解放する』べくジャックの料理が始まろうとしていた。
そこで、何とか逃れようとするジャックと原住民の言葉に出来ないやり取りが滑稽で、コミカルなジャックの一面がよく出ています。
脱走しそこなって、自分にパプリカで下味付けている姿や、豚の丸焼きの如く竹に縛られながら脱走するあたりが爆笑でしたww
確かに、肉はスパイシーな方が美味しいですからww

ジャックは相変わらずな登場シーンで、掴みは上々。
前述した滑稽さと狡猾を絶妙なバランスで併せ持ち、憎めないキャラとして完成されています。

ウィルはと父親との邂逅もあり、剣でのバトルや、派手なアクションシーンもありで、正統派な魅力を感じます。
正にジャックとの比較対照となる美形キャラですね。

ウィルを追いかけ海に出たエリザベスも、男顔負けのアクションシーンをこなし、フィアンセのウィルと自由奔放なジャックとの間を心揺らされる女性も演じ、男の馬鹿さ加減にキレるシーンもありで、よくキャラが描けています。

話全体としては、矢張り前作を見た方の方が寄り面白く観れる事は間違いないですね。
死なない猿・ジャックなどの前作からの登場キャラも多く、ラストに出て来る人物はニヤリと出来ます。

そして『さらば、ジャック・スパロウ』というCMのキャッチコピー通りに、良い所で次作へと続きます。
一話完結の完成度を求める方なんかには不満が残る終わり方かもしれませんが、話的にはそれなりに良い処で終わっていますので、個人的には不満さよりも次への期待が高まりました。
その良い引き方という点では、ロード・オブ・ザ・リングと同じ印象を受けます。

以下、ネタバレ。
どうしても観たい方はドラッグしてどうぞ。


ジャックが竹に固定されたまま果物をぶつけられるシーンから、谷底へ落ちるシーンが今回の一番の笑い処ですねw
七転八倒なコミカルさが滑稽で、同時並行で球状の骨の檻に入れられ、谷に吊るされたウィルとジャックの仲間の脱走劇もハラハラ感たっぷりで、最終的に島を脱走する際に、身代わり的に残された犬が可哀想なんですがw
犬がどうなったか知りたい方はスタッフロールを最後まで見ましょうww

海の生物と融合したデイヴィ達も良く出来ていたのですが、クラーケンの迫力は特筆すべきでしょう。
見せ方がとても上手く、巨大さと船乗り視点から『ああ、もう死ぬしかないのかな…』的な絶望感が漂うカメラワークは抜群です。

色々な布石を残したまま次回へ引いているのですが、ジャックとベケット卿の確執や、クラーケンと供に海へと消えたジャックの行方をどう上手く見せてくれるのかが次回の大きなポイントでしょうね。
そして、デイヴィとティア・ダルマが持つ同じオルゴールペンダントは、デイヴィが昔愛した女性というのはティア・ダルマを示唆しているのでしょうか??

てか、なんで前作で死んだ筈のバルボッサが復活したのかは謎。
また金貨の恩恵とか??

願わくば、次作はマトリックス・レボリューションズの様なハッキリしない完結にはして欲しくないものです。



次回は2007年5月公開予定らしいですが、次回が楽しみですね!
(次回完結との話ですが、実は4も製作決定とかの噂が…)
次回は実在の人物をモデルにしたキャラにチョウ・ユンファが抜擢されたらしくて、それも注目したい処ですね。

前作が好きだった方にはオススメですが、タコ系のヌラヌラした触手が駄目な方はオススメしませんww
私的にはご家族で行っても楽しめる映画ではないかと思います。

オススメ度:☆☆☆☆(5が最高)
スタッフロール後のお楽しみ:あり

amazon『パイレーツオブカリビアン』(ホビー)

■関連URL■
公式サイト
posted by 九郎 at 21:11 | Comment(19) | TrackBack(118) | 洋画

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。